中古マンション購入は得なのか

中古マンションを購入することは得なのでしょうか。ここ二十年でいっきにマンション建設が進みあちらこちらで、マンションを見かける時代となってきております。どうしても都市に戸建てを持つとなるとコストはかなり膨らんでしまうのが現状です。でも、都心に住みメリットはあるので、やはり都心住居を構えたいと思うのが常です。しかし、賃貸となると、毎月家賃を払い続けるというデメリットが発生してしまいます。よく住宅(戸建て、マンションどちらの場合も含む)販売の営業の方が、今の賃貸生活は保険で言う掛け捨てと同じですよ。払い続けても手元に資産は一切残りませんよ。と営業文句を並べるのを耳にした方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。確かに賃貸のデメリットはそこになるかもしれません。しかし、現状はなかなか戸建やマンションを購入するのは難しい経済状況ではないでしょうか。いつ地価の下落により、借入金より資産価値が落ちてしまうケースが起きてもおかしくないのが現状です。ましてや、高齢者社会が今後いっそう進むと誰しもが認識しておりますし。では、戸建てやマンションを購入するのはよくないかというと一概には言えない気がします。日本政府の補助金や税金の免除などのサポート受けられる制度が多く今後も継続されるかもしれませんし。そこでは、特に注目すべきは中古マンションだと考えております。みなさんもよくマンションのチラシを目にするかと思います。新築マンションは大変高いのが現状です。しかし、一度誰かが短期でも住むとその価値は一気に落ちてしまいます。しかし、中古の築浅マンションなら、新築マンションより、二割引きぐらいで購入ができる場合があります。但し、掘り出しものは、なかなか出てこないという難点があります。いい中古マンションの物件はあっと言う間に売れてしますものです。そのため、中古マンションの情報収集を常に行いアンテナを立てて起きましょう。そうすると割安のいい物件に巡り合えるでしょう。そして、自分の目にかなう物件に出会えれば、持家の都心に住むメリット享受し、ハイクラスな生活送ることができるのではないでしょうか。築浅でなくでも、最近のイノベーションは大変優れた技術をお持ち合わせているので、すべての中古マンションを検討の対象として、間口を広く構えてみては如何でしょうか。

Copyright ©All rights reserved.一戸建て不動産の家の苦労と魅力 .