お気軽投資は一戸建てできまり。

投資という言葉に日本人は、とてもいな顔をします。それはなんででしょうか。そこには、日本人のよい精神が根付いているからです。そして内向きな精神がからんでいるのではないでしょうか。日本人のいい精神とは、一戸建ての賃貸貸し出しのような不動産投資などの不労所得が悪いことと認識していること。汗水だしてはたらいてお金は得るものと考える美学です。すばらしいと思います。しかし考えは、人それぞれです。住宅提供する側がなくなれば、住居を失う人もいます。だから私はお手軽な一戸建ての不動産投資が好きですし、一戸建ての投資について悪いなんて気持ちはありません。提供するというこういができているからその一戸建ての投資はそして難しくないんです。さて日本陣にはもっとネガティブな考えがこびりついています。これはよくない考えかたやった事はないが、投資というのは危ないという考え方です。これはもう投資の方法を考えることをやめています。私は、さいしょからあきらめるのは嫌いです。だから一戸建ての不動産投資を実際にやってみました。やってみるとそんなに危険ではなかったです。一戸建てが私は好きなのでそれがくではないというのもいいところなのかもしれません。一戸建ての不動産投資は私に毎月少しづつですが、キャッシュフローをプレゼントしてくれます。なにかと面倒かとおもいましたが、一戸建ての運用はないんにもめんどうなことはなかったですし危ないという固定概念なんてまったくなかったです。それでは、なぜこんなに日本の人たちは投資についてこんなに悪いイメージがついているのでしょうか。私には、わかりませんが、預金が一番というのがいい教育だったからかもしれません。しかしお金は置いとくと腐るといいます。そんなことで、私は腐らしたくなかったので一戸建てを中古ですが、購入しました。そして貸しにだしています。次にもまた一戸建てを購入しようと思っています。こんどはもっと楽に買えます。それは一軒目の一戸建てと二件目の一戸建てを担保にお金がかりらるから、あとは一軒目の一戸建てからキャッシュフローがでているので安心があるということです。不安でもなんでもまず経験してみるこれは、失敗してもいいと腹をくくっておこなうのですが、リスク管理はしながら一戸建ての不動産投資はお気軽にできるという事実をつくれました。

Copyright ©All rights reserved.一戸建て不動産の家の苦労と魅力 .